交通事故について

追突など交通事故注意

一気に冬景色になり、道路はガタガタとツルツルで大変ですね。

比較的大きな道路の北光線(八丁目篠路道路)ですら、
雪で道幅も狭くなり、路駐なんかがあると片側一車線状態です。

ここ数日交通事故のお問い合わせが増えています。

交通事故に慣れているという人は少ないと思うので、
いざ当事者となると焦ってしまい、何をしたらいいのか
迷ってしまう事もありますよね・・・

そんな時は

①ケガの確認と安全確保(二次災害の予防)
②ケガ人がいる場合は救急車
 ※軽い怪我でも必ず病院に行ってください。
③警察へ連絡
 ※小さな事故でも後々トラブルにならないために
  必ず警察に連絡してください。
④事故の相手がいる場合は連絡先交換
 ※保証などの口約束などは控えましょう
⑤自分が加入している保険会社さんに連絡

を行ってください。
あらかじめいざという時のために、車のダッシュボードに
メモを入れておくと良いかもしれませんね。
備えあれば憂いなしです。

それと最近皆さんに強くオススメしているのが、
「ドライブレコーダー」と自動車保険の「弁護士特約」です。

実際に以前来院されていた札幌市北区の介護の仕事をされている
Sさんは、あいの里の交差点で青信号なったので発進したところ、
赤信号側から来た車と衝突してケガをしてしまいました。
(首のムチウチと腰の捻挫)

そこで問題だったのが、
相手が青信号だったと言い張って来た事です。

残念ながらお互いの車にドライブレコーダーは付いておらず、
目撃者もいない、近隣に防犯カメラもない・・・

しかも相手は弁護士特約を使って、裁判を起こしてでも
責任の割合を患者さん側に押し付けようという姿勢に出て来ました。

実況検分した警察官は、事故の状況から患者さん側の言い分が正しい
と考えていたそうですが、残念ながら民事には介入できないそうです。

結局その患者さんは、泣く泣くこの状況を受け入れるしかありませんでした。

このように、もしあなたが事故に巻き込まれて、全く非が無かったとしても、
それを証明することが出来なかったら、残念ながらやられ損です。

ドライブレコーダーは自動車ディーラーでも、カー用品店でも、
ホームセンターでも、家電量販店でも取り扱っていますので、
ぜひ付けてくださいね。

数千円で買えますので。

あと、弁護士特約も入っておいたほうが安心です。

あなただけではなく、あなたのご家族にもぜひこの話を広めてください。

それでは安全運転で冬を乗り切りましょう〜

もしも事故に遭ってしまった時は、すぐにご相談ください。
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
 からだメンテナンスふじさわ
 札幌市東区北38条東7丁目2−17
 北栄メディカルビル1階
 011−743−2002
 http://thb-sapporo.com/
 karadamaintenance@thb-sapporo.com 
ホームページとメールでのお問い合わせは
 24時間受付中です。
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL