想定の範囲内

昨日は、午後の3時半にお世話になっている先生から連絡が入り、

その日の夜に開催されている治療家向けのセミナー内で

オステオパシーについて話す機会をいただきました。

本当は2週間後に来てほしいという依頼だったのですが、

2週間後は国際セミナーで出張のため、

急遽当日ではありますが、お話をさせていただくことに。

20時に施術を終えて、自宅で着替えて車で移動、

21時過ぎに到着。

その後お時間を頂いて、お話させていただきました。

日常にはこういったイレギュラーが多々あり、

毎日行動計画を書き出しているのですが、なかなか

思い通りにいかないこともあります。

以前の私はそのたびにバタバタしていましたが、

最近では何事も「想定の範囲内」と思い込むことにしています。

もちろん想定外ですが、「想定外が起こるのが当たり前」と

考えておけば、パニックにならずに対処することができます。

まあ、お話に関しては原稿も何も作っていなかったので、

グダグダ脈絡なくて反省中ですが・・・

いつ何時、何が起きても対処できる人間でありたいと、

どんな状態でも冷静に対処できる治療家でいたいと、

ふと持った1日でした。

細胞レベルから検査する「からだメンテナンスふじさわ」

〒007-0838
札幌市東区北38条東7丁目2−17
北栄メディカルビル1階
011-743-2002

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です