国際セミナーに参加してきました

3/1〜4まで、当院で治療の軸としている

クラシカルオステオパシー学会の国際セミナーに

参加してきました。

全国から選ばれた会員が集い、4日間の集中合宿。

朝から夕方までの座学、実技と毎日続く懇親会。

非常に体力と精神力を有しますが、今回も言って本当に良かったと

心から思えます。

今回のテーマは「心肺系におけるオステオパシー的構造と機能」

についてです。

心臓や肺に対すし、「力学的」「化学的」「神経学的」

「血液と熱」「血液と神経」の側面から考察し、

オステオパスとしてできることを再確認しました。

解剖学と生理学は常々学んでいるつもりでしたが、

機能解剖学では神経の配置や心臓を支える靭帯構造など

改めて深く復習することができました。

さぁしっかりと普段の治療に生かしていきますので、

ご期待下さい。

そして、これから始まるベーシックコースへ参加予定の

先生にも国内ではなかなか得られない情報をお伝えできればと

考えていますので、5月までもう少々お待ちください。

細胞レベルから検査する「からだメンテナンスふじさわ」

〒007-0838
札幌市東区北38条東7丁目2−17
北栄メディカルビル1階
011-743-2002

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です