タンパク質のとりかた

タンパク質は体を作る重要な材料です。

筋肉や内臓、骨や関節、皮膚や血液も

そして免疫細胞もタンパク質が材料です。

    

  

体調不良やなんか元気がない、気分が落ち込むなど、

実はタンパク質の不足が要因になっていることがあるんです。

 

 

ではどのようにしてタンパク質を摂取するかというと

食事に工夫を加える必要があります。

 

タンパク質の原料としては、

肉、魚、大豆、貝類などが有効ですが、

プロテインスコアまたはアミノ酸スコアという

考え方があり、ざっくり説明すると

食べ物の中にどれくらいタンパク質が入っていて

役に立つかを示す数値になっています。

 

植物性のタンパク質に比べて、動物性タンパク質の方が

タンパク源としては有効です。

 

ただし、内臓が弱っている状態では、むしろ負担となり

回復の妨げになることもあります。

 

 

ですので、現在の消化器系の状態に合わせて、

動物性タンパク質と植物性タンパク質を上手に

使い分けることが重要です。

 

 

細胞ナノスキャンメタトロンで

狩猟民族タイプか農耕民族タイプか類推することで、

アドバイスできますので、食性チェックのご相談も

お気軽にご予約ください。

細胞レベルから検査する「からだメンテナンスふじさわ」

〒007-0838
札幌市東区北38条東7丁目2−17
北栄メディカルビル1階
011-743-2002

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です