免疫はバランスが大事

免疫と聞くと、強ければ強いほど健康なイメージありませんか?

 

 

でも時に免疫が強すぎると、自分の細胞まで傷つけてしまう

ことがあります。

 

これが、自己免疫疾患と呼ばれているもので、

映画やドラマでもよく取り入れられる病名として、

多発性硬化症、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、

ギラン・バレー症候群、シェーグレン症候群、重症筋無力症、

1型糖尿病や橋本病、バセドウ病、悪性貧血などがあります。

  

実は円形脱毛症や一部の不妊症も自己免疫疾患と言われています。

  

その他にも、アレルギーやアトピー、喘息など、免疫が原因の症状は

あなたの身近にもいらっしゃるのではないでしょうか?

  

 

あと、当院にいらした方で1例だけ、チャーグストラウス症候群

という全身の血管炎がありました。

 

 

病院ではステロイドが飲み薬や注射で処方され、

症状をコントロールします。

 

ステロイドは免疫抑制剤といって、かなり強烈に効く薬ですが、

その分副作用も強く出る場合があるので、注意が必要です。

 

これだけ多くの自己免疫疾患があるということは、

必ずしも 免疫が強い = 健康 というわけではなく、

 

①免疫が強すぎる(暴走) → 自己免疫疾患

②免疫が弱すぎる → 細菌やウイルスに負け、病気になりやすい

③以上を踏まえて、免疫はバランスが大事

ということになります。

 

それでは普段どうしたら良いのでしょうか?

 

対策としては、睡眠と栄養とストレスと運動と姿勢が

重要です。(当院での検査項目すべて重要です)

 

病院での投薬治療、経過観察以外にもできることがないか

お探しの方は一度ご相談ください。

細胞レベルから検査する「からだメンテナンスふじさわ」

〒007-0838
札幌市東区北38条東7丁目2−17
北栄メディカルビル1階
011-743-2002

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です